読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田、大胆不敵。

20代。気の向くままに。 モットーは、「良いことだけを切り取って書かない」。

新卒で辞めたくなった人が読むお話。【辞めたくなったら辞めてもいいよ】

はじめに

f:id:overdrivexxx:20170413000630j:plain

こんにちは、山田サツキです。

 

新卒でよく聞くワードのひとつにありますよね。

「会社は3年続けなきゃいけない。」

 

これね、気にしなくて大丈夫。

辞めたくなったら辞めてもいいよ。どうにかなるよ。

 

「次に働く上でネックになってくるんじゃないか」

ならない、って言ったら嘘になるかな。

でもほんと、どうにかなるよ。

 

 

当てはまってませんか?大丈夫?

私は、新卒で入社した会社を3ヶ月で辞めました。

 

今思うと少し鬱状態だったなぁと思うわけです。

  • 土日は昼飯・晩飯の時間だけしか起きておらず、1日16時間睡眠はざら。
  • 休みの日は体力温存に努めたいから人に会いたくない。
  • 交通事故に遭えば会社に行かなくてもいいなぁとか思う。
  • 通勤が憂鬱で、電車止まれ止まれ止まれって心底願う。
  • 寝ているときも夢の中で仕事をしている。
  • どんどん食が細くなっていく。
  • 自分の身だしなみに気を使えなくなっていく。

 

これ、当てはまっている人は要注意。

社会人こんなもんなんかなぁ、とか思ってません?違うんだよね~。一時だったらあるかもしれないけど、しばらく続いたら、ちょっとキテます。

足を休めるのもいいかもしれない。

 

決して、ずっと同じ会社で働いていることだけが正しいわけではない。

辞めてから思ったことは、

「そこで働くことが全てじゃないし、生きる術はたくさんあるんだ」ということ。

辞めてから気付いたんですが、生き方って人それぞれなんですよね。別にフリーターだって悪くないし、夢を追っかけるのも悪くないし。みんな生きるために働いてるんだったら、どんな形でもいいと思うのです。

 

何か誰かに特別これしろ・あれしろって言われたわけではないんですけど、就活戦争で「正社員で3年間は絶対辞めずに働かなきゃいけない。」みたいな固定観念を、勝手に抱いちゃってたんですよね、いつの間にか。

 

辞めてからは、めちゃくちゃ精神的に楽になって、自分の就活の仕方に色々悔やんだりして、もう1回自分の軸を見つめ直して、運良く自分がやりたいことができる会社に再就職できました。

 

別に新卒ですぐ辞めたからって、再就職にすごく困るわけでもない。

 

辞めてからは、

一旦、とりあえず好きなことをしてみてもいいんじゃないでしょうか。

自分自身を見つめ直す良いチャンス。もう一度、自分は何をしたいのか?何に向いてるのか?できることは何?好きなことは?

改めて自分自身に問いかけるのも大事。

 

「 働くこと=楽しい」なんて、

世の中は残念ながらそんな上手くはいかなくて、9割がしんどくて、楽しいのなんて1割くらい。ただ、この1割がギリギリあるからこそやっていけてる。

次は、どこかでその1割が見つかればいいよね。

 

まとめ

f:id:overdrivexxx:20170413000652j:plain

辞めたくなったら辞めてもいい。道はひとつじゃないからね。

世間一般では「逃げ」って言われるかもしれませんが、これは違うと断言できる。

辞めるのだって立派な「前進」。

そこからスタートだ!!!

広告を非表示にする