山田、大胆不敵。

20代。気の向くままに。 モットーは、「良いことだけを切り取って書かない」。

「聲の形」が良い漫画すぎて全米が泣いた。【漫画レビュー】

はじめに

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)

 

ひとまず、先に一言だけ言わせて下さい。

何これ。めっちゃええ漫画やん。

 

私、結構流行りモノを軽視する傾向にあるんですけど、いや、定番・王道モノも、良いやつは好きですよ。ワンピース、スラムダンクハガレンとか。

 

ただときどきあるじゃないですか。そんなこれ言うほどいい?みたいなやつ。で、この「聲の形」も、ただ流行っているだけでしょうと。

そう。舐めてたんですよ、私は。

 

 

ネタバレはもちろんなしで。

耳が聞こえない女の子と、それをいじめてしまった男の子。その2人を中心に描かれるお話です。全7巻。

 

2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位。

マンガ大賞2015』で第3位を受賞しています。

 

感想

この漫画のすごいところは、物語なのに関わらず、

全くキレイ事で片付けないところ。

恨んだって、ぶつかったって、人間そんなに簡単に変わらない。距離を縮めたと思ったら、実は虚像の友達ごっこだったり。

 

八方美人でもなく、冷酷でもなく、いじめるでもなく、傍観するでもなく、自然体として接せられるのか。自分のこととして捉えられるのか。障がい・いじめに正面から 向かい合っていけるのか。

何が正解なのかもわからないし、これからも正しいものなんかないんだよね。

深く響く・考えさせられる漫画でした。

終わり方も、私的にはすごく納得できるラストですごく良かった。

 

全体的にすごく泣ける!!!!全米が泣く!(全米は泣いてません)

リアルに漫画でこんなに泣いたの初めてです。何が泣けたって難しいんですけど、シーンで泣けるというよりもストーリーがすごく身に染みる。友情?家族愛?って感じです。恋愛でストーリがまとまらなかったのもよかった。

 

 軽いか重いかで聞かれると、どっちかというと重い系ですが、みんな過去を背負いながらも未来へ向けて生きていっているんで 暗~く、どんよ~りする内容ではないです。

 

まとめ 

とりあえず言いたいことは、最初に言ったひとつだけです。

めっちゃええ漫画やねん。

流行りモノが苦手なあなた。そんなあなたにこそ読んでほしい。

1回騙されたと思って、ちょっと読んでみて下さい、まじで。

 

 

広告を非表示にする